キーボードのエンターキーが買い物かごになっている様子

低用量ピルの入手方法と服用後の体への影響

低用量ピルの入手方法は、病院かネットかの2種類があります。
病院で処方してもらうのが確実で安全ですが、プライバシーが気になるという人は、リスクはありますがネットで購入するという方法もあります。
病院で処方してもらうには、産婦人科、婦人科、一般内科、を受診します。

病院で処方してもらうには、「薬代+初診料+検査費用」がかかります。
保険が適用されないため、費用が高額になる可能性があります。
薬以外の平均費用は5,000~6,000円、1ヶ月分の薬の料金が約3,000円ほどです。
費用は病院によって異なります。

ネットで低用量ピルを入手するには、個人輸入代行業者を通して買います。
海外の販売者から、個人使用の目的で輸入する、という形です。
その手続きを代行してくれるのが個人輸入代行業者です。

ネット購入のメリットは、処方箋が不要、価格が安い、周囲の目を気にしなくて良い、ということです。
ネットだと1シートで約1,200円、3シートで約1,700円、6シートで2,440円くらいで入手できます。
病院だと、1シートで約2,000~3,000円で、シート数に応じて値段が高くなります。
ネットでシートをまとめ買いすれば、かなりコストパフォーマンスが良いということです。

ただし、検査を受けてない、副作用が起きても自己責任になる、偽物が出回っていることもある、というデメリットがあるので、安さだけで決めてしまわないようにしましょう。
低用量ピルの服用後の体の変化としては、生理周期の安定、生理痛の緩和、PMSの緩和、ニキビができにくくなる、などがあります。
ただし、副作用として悪心、乳房痛、不正出血、が起こることもあるので注意が必要です。

Latest Post