腕組をして疑問符が浮かんでいる女性

低用量ピルの通販と病院の価格を比較

女性が男性に頼らずとも、安全に避妊ができる低用量ピル、以前に流通していたものに比べると、ホルモン量も少ないため、副作用の危険性も格段に抑えられており、より安全に服用できるようになっています。
この低用量ピルには、妊娠を回避させるという機能の他に、女性に取っては切り離して考えることのできない毎月の生理という習慣も、かなり快適なものにさせてくれるという効能があるので、日常生活を向上させたいという目的で服用している女性も少なくはありません。

また、最近よく聞かれている大人ニキビなどの肌トラブルを改善させる効果、辛い更年期症状を緩和させる効果も期待できるので、年齢問わず女性に取ってはメリットの大きい素晴らしい薬なのです。
この低用量ピルは基本的には、婦人科を受診し、医師の処方を受けなければならないとされていますが、病院を通すとどうしてもかかる費用は高くなってしまいます。
日本のクリニックで処方されている低用量ピルは、主に海外の製薬会社の薬になるので、値段設定はある意味クリニック側の言い値になっており、病院によって微妙な差もあります。
また、処方に伴って受けなければならない検査も差があり、その間隔にもかなりの開きがあるようです。
低用量ピルといえどもホルモン剤であることには変わりはないので、服用し続けるのであれば、定期的な婦人科検診や血液検査は必要ではありますが、病院によってはこういった検査はかなり儲けになるので、必要以上に義務つけるところもあり、ランニングコストが負担となっていると感じている女性も少なくありません。

そこでお勧めなのが、インターネットの個人輸入代行業者を介して直接買うことで、薬代金もかなり安価で、数か月分まとめて買うこともできるのでコストカットには最適です。

Latest Post