産後の低用量ピルの服用と賞味期限について

出産後は母体の身体に様々な変化が生まれます。
妊娠中とは違う体の疲れ、精神的な不調を訴える方もいます。
いわゆるブルーな気分になる事も多く、バイオリズムの乱れが激しく表面化する事もありますので、産後もまた妊娠中同様に食事や睡眠には人一倍気をつけましょう。

また低用量ピルを産後すぐに飲み始める真面目な女性もいらっしゃいますが、産後直後は少し控えた方が良いです。
低用量ピルに限らず、母親は母乳を乳幼児に与える仕事があります。
母乳で子どもを育てたい方は、半年の間、低用量ピルの服用は控えましょう。
薬の成分が赤ちゃんに誤った影響を与えては大変ですので、万が一のリスクに備えてピルの常用はやめ、夫と再びセックスを行う時は、コンドームによる避妊に乗り換えればオーケーです。
母乳を与えずに育てる場合は産後から数えて3週間後には低用量ピルの服用が再開出来ます。
しかし、母乳には乳幼児に必須な栄養価がたくさん含まれていますので、出来ればピル服用は自重し、赤ちゃんの間は原則母乳メインで育成し、夫には膣外射精とコンドームを義務付けて避妊するのがベストです。

また、そういった処置を取ると、妊娠後と産後半年の間、低用量ピルを全く飲まない事になりますので、お薬の賞味期限が気がかりになるかもしれません。
低用量ピルもまた普通のお菓子等と同様に消費出来る期限が定められています。
しかし、なま物やお菓子に比べて医薬品の賞味期限は非常に長く、平均で三年程は持ちます。
そのため、妊娠後と産後半年のブランクがあったとしても、以前に購入した低用量ピルは無事飲めるはずです。
念のため、箱の脇に記載された賞味期限の記載を確認し、その日付までなら問題ありません。

Latest Post